貸し別荘ライフ

貸し別荘の料金

貸し別荘の料金システム

貸し別荘の料金システムについて、多くの貸し別荘と言うものは貸し別荘業者が営業で生計を立てているのです。

そうなると、貸し別荘の一泊あたりの宿泊料金設定は、当然それの収入で貸し別荘の経営が成り立つものでなければ仕事になりませんね。
そのためには、コストダウンは経営上に必要不可欠と言うわけです。

つまり、あまりにも安い貸し別荘にはそれなりの複雑な理由があるというわけですね、ハイ。


安い広島 賃貸物件もそれなりの理由があるのと同じですね。ハイ。
では、貸し別荘経営者はどのようなところで、コストダウンを計るのでしょうか?
まぁ、借りるだけの一般客と言う立場ですが『経営してみよっかなー?』とお考えの方に見ていただけたらと思い取り合えずのっけて見ました。

貸し別荘コストダウン問題点

建物によるコストダウン

貸し別荘の営業を始める場合と言うか経営するときですね、経費削減として一番大きなものは、古い売りに出された建物を貸し別荘として最リフォームし使うということですね。

バブル世紀に多く建てられた別荘が多少古くても十分な手入れがされていて、室内が丁寧に清掃・管理されていたら、宿泊する分に問題はないでしょう。

とは言え、建設時に適切な管理・調整がされていない場合は、基礎となる中の木が湿気で腐っていたりと後々になってほころびが出てくる恐れがありますので、古い建物を再利用して使うときは料金が安くても、清掃・管理がきちんとなされているかをよく見るということが大切になります。

貸し別荘を真剣に選ぶ利用者側としても古い建物は味があって良いですが、見た目も中身もボロボロの建物は避けたいですよね。
お客が来ませんでは、商売になりませんね。

人経費の削減
まぁ、これは読んで字のごとくと言うか・・・貸し別荘ヴァージョンの解雇問題というところですね。

人員不足を補うために大手の貸し別荘業者などでは、スキー等のシーズン期の大量の宿泊者を受け入れる頃には、大学生や若手のアルバイトの人たちを多く雇っているケースが一般的ですね。

とは言えアルバイト生は貸し別荘の経営方針や理念をマニュアルやミーティング等でしか理解していない為、経営者とアルバイト生では連携に乱れが生じ、お客からのクレームも経営者まで届くのが遅いと言う事もあります。

たくさんの別荘を抱える貸し別荘業者の場合は、特に注意しましょう。

宿泊料金のアップ

宿泊料金のアップについて、シーズンの旅行に行きたいと貸し別荘を探すときに意外と安価で良心的な料金だと思ったけれど・・、いざ貸し別荘を利用してみるとその宿のホームページ等に表記されいる料金より高くなっている場合があります。

まぁ一軒家を借りるのですから多少の変動は見られますけど。

そういった場合下記のようなケースが考えられますので、それも考慮して、貸し別荘を選んでいきましょう!

人数による料金設定の変動
このケースは、10人収容の貸別荘を1人少ない9人で借りた場合、1人分不足するので9人で負担しないといけないケースですね、ちなみに料金設定は10人で設定されているので割引は出来ません。

このように棟ごとに収容人数と料金を設定し、1人当たり料金に換算してホームページに表記している所がほとんどです、パーティーなんかで設定してある場合はバーベキューセットの貸出料が割り引かれたりする所もありますが。

ですが、人数減により減額になるよう料金設定しているところもあるので、貸し別荘のホームページの表記をよく確認するようにしておきましょう。


色々な諸費用

貸し別荘に掛かる宿泊料金は、貸しだされるすべてマイホームにもあるような『冷蔵庫・テレビ・調理器具・調味料・洗濯機・布団』を含まていることが分かり易いので、一番理想的な料金設定だともいえますね。

温度差の厳しい季節によっては「冷暖房費」を料金に設定するなど、実際の利用状況に合わせて料金を設定するといった所もありますね。

こう言った諸費用を色々と取る業者の宿泊料金の場合、実は通常よりも貸し別荘の料金が安い場合があることも在るらしいので、注意して見るようにしましょう。

業者から見積もりを取って、宿泊者人数で割った料金で比較をするのが、一番安全な方法だと思います。

貸し別荘宿泊料金

貸し別荘宿泊料金について、貸し別荘業者の宿泊料金の計算方法は、その業者によって設定の仕方が異なっているらしいのです。

宿泊費が1人当たりの料金で計算する業者も在れば、一棟の料金で設定した所もあります。

ココで知恵を働かせるのが私たち利用客です、参加人数が少なければ人数辺りで料金が決まる所に決めて、参加人数が収容人数をオーバーするのであれば一棟で料金が設定されている所にすると経済的ですね。


とは言え一棟で収容人数をオーバーすると追加料金を取る所もありますのでオーバーした人数が一人〜五人ならばこっそり泊まりに来れば問題はありません。

それと別に旅行代理店など通す場合、代理店の表示料金と貸別荘業者との料金が異なると言った場合もあるので、直接宿泊施設業者に問い合わせして確認した方がより確実になりますね。

注目サイト

新宿の納骨堂厳選5選

Last update:2017/12/11